ビジネスプラン募集

応募条件 ≪ 左右にスクロールできます ≫ 部門 応募者の条件 事業プランの条件 表彰 各部門共通 書類審査を通過した場合、起業家育成合宿と本選会に参加できること 本選会の会場まで来場できること 応募後にメールで連絡が取れること 本選会出場にあたり氏名と事業名が公表されても問題ないこと 他のビジネスコンテストで受賞されていないこと(応募は可能)もしくは、受賞していても事業化されていないこと 公序良俗に反しない事業プランであること オーディエンス賞 創業部門 <創業枠> 新たに事業を営もうとする者で、十日町市内に本社事務所を構えて起業することができる者であること 学生も応募可 平成30年4月以降に十日町市内で起業した事業であること、もしくは本選会後2年以内に十日町市内に本社事務所を構えて起業する事業プランであること 最優秀賞、 優秀賞 <第二創業枠> 既に事業を営んでいるもので、既存事業と異なる分野の新規事業を起こそうとしている事業者であること(新商品は対象外) 事業承継は必ずしも必要ではない 学生も応募可 事業プランの内容が、日本標準産業分類の中分類において、既存事業と異なること 本選会後2年以内に事業化する(売上を計上する)プランであること 新規事業を分社化する場合には、実態のある事業所を十日町市に構えること 学生アイデア部門 本選会実施日時点で、高校生、専門学校生、工業専門学校生、大学生、大学院生であること 十日町市の地域資源を新しく斬新に活用したビジネスであること(イベント事業は除く) テーマ:十日町市の地域資源を活用しきる! キーワード:①豪雪、②きもの、③縄文、④(再生可能)エネルギー、⑤アート、⑥食、⑦空き家、⑧インバウンド   学生アイデア部門賞 審査プロセス 審査観点 創業部門 【実現力】実現可能な現実的な事業であること 【事業力】売上をあげ、十分に利益を得ることができる事業であること 【地域浸透力】市民に応援してもらえる可能性が高い事業であること 【発展性】十日町市に新たな産業が誕生する可能性が高い事業であること 学生アイデア部門 【実現性】実現の可能性が高いアイデアであること 【収益性】ニーズがあり、売上をあげることができるアイデアであること 【課題解決性】地域資源を有効活用したり、地域の課題を解決するアイデアであること 【新規性】既存の考えに固執しないフレッシュな視点を持っているアイデアであること  事業化に向けて強力なバックアップ 1...
2016年6月27日0 DownloadsDownload